人事・労務

人事・労務

社員の「気持ちを引き出す」方策

   会社というのは、得てして経営者の思いがなかなか社員に伝わらなかったり、またその逆に社員は自分たちの考えを経営者が理解してくれないと思ったり、ということが起きがちです。  しかし考えていただきたいのは、経営者が不満に思うような社員の行...
人事・労務

逆ピラミッドで考えてみる

 企業が社員に対して行う代表的な教育法のひとつにOJTがあります。  上司や先輩が部下や後輩に対し、具体的な仕事を通じて業務上必要な知識・技術・技能・態度などを指導し、習得させる教育手法です。  日本企業においては、特に新入社員教育で一...
人事・労務

「コンセプト」で会社の問題点を洗い出す

 企業内コミュニケーションの実態調査によると、コミュニケーション不足を感じているトップは「部署を超えた社員同士」です。そして、今の日本企業の一般的な組織の在り方は部署制です。  A社は防犯・防災グッズ、セキュリティ用品の販売や取り付け工事...
人事・労務

正当な評価の効用

 新入社員の退職率は753とよく言われます。3年以内に退職する割合が、中卒の場合には7割、高卒で5割、大卒では3割ということです。採用、再雇用にかかるコストはかなりのものですから、経営者としては、その理由をぜひ知っておきたいところです。 ...
人事・労務

会社におけるコミュニケーション

 人間関係において、ちょっとした出来事から仲良くなったり、その逆に険悪になったりということはよくあることです。  その関係をより深めるのも、あるいは修復するのも、その後のコミュニケーションにかかっています。  A社の創業は今から3年前で...
人事・労務

自分の殻は自分でしか破れない

 社員の成長なくして、会社の成長はあり得ません。「人が企業の最も大きな財産」と言われる所以はここにあると思います。  社員の成長は一朝一夕にはいきません。それを成し遂げるため、上司はいろいろと苦労しているわけです。  A社は社内研修の開...
人事・労務

時間の使い方と学ぶ姿勢の習慣化

 仕事においてのみならず、人生においても時間の使い方は重要です。時間は限られているからに他なりませんし、時間の使い方によって人の日常は大きく変化するからです。  では、一般的なビジネスマンはプライベートの時間をどのように使っているのでしょ...
人事・労務

人事評価:伝統的感覚と新たな基準

 様々な社内制度の中に人事評価制度と呼ばれるものがあります。これは、文字通り人材を評価して、その給与や役職などを決める基準となるものです。  しかし一般の企業経営で、人事評価制度、あるいは人事評価が経営の大きなテーマになることは、あまりな...
人事・労務

根回しとは、実はコミュニケーション

 「根回し」というと、何やら陰湿なイメージが付きまといますが、不当に悪者扱いされているようにも感じます。  確かに、「根回し」なる言葉には、後ろ暗いイメージが付きまといます。  しかし、根回しとは、「関係者に意図や事情などを説明し、ある...
人事・労務

経営者 VS 従業員 よかれと思った措置でも

 経営者が、会社や従業員全体のことを考えた上で、よかれと思って決断した措置でも、当の従業員からしてみれば、納得がいかないこともあるはずです。  お互いに守らなければならないものがあるのですから、仕方のない部分もありますが、中には、「ごね得」...
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.