経営

経営

新規事業 起業という視点

 将来にわたる継続的な会社の成長のために、新たな事業を展開しようと考えている経営者は少なくないようです。  現状を客観的に分析し、将来を冷静に見据えてみると、今の事業を、現在の規模のまま続けていても、成長は見込めないどころか、確保できる利...
経営

情報共有の重要性

 会社組織における情報共有の大切さというのは、経営課題とさえ言えるでしょう。 「報・連・相は」、仕事を進めるうえでの基本となっていますし、経営理念を従業員が共有することで生まれる効果もさまざまに指摘されています。しかし、情報共有という経営...
経営

ビジョンやミッションは簡潔明瞭に

 ビジョンの大切さを否定する経営者はおそらくいないでしょう。そして、ビジョンの共有がもたらす効用も。しかしながら、実際にビジョンが完全に共有されている会社の比率は驚くほど低いのです。  役員クラスでもビジョンの共有が十分にできていないこと...
経営

ビジネス社会でもスランプはあり得る

 スポーツの世界でスランプという言葉をよく聞きますが、正確にはどんな状態を指すのでしょうか。ある定義によれば「ある技能・技術の習得過程における成長の一時的停滞」とあります。  こうした定義を見てみれば、スランプは何もスポーツに限ったことで...
経営

成長が止まったとき

 会社には成長段階に応じて立ちはだかる「特有の壁」があるといいます。すべての会社に当てはまるわけではありませんが、売上高や社員数、あるいは創業年数がある段階に差し掛かると、これまでの右肩上がりの成長がピタリと止んでしまうというのです。  ...
経営

効率化によって生み出されたものは「時間」

 A社は長く続くデフレに対応して、その財務体質を筋肉質にしてスリム化していかざるを得ませんでした。  さまざまなコスト削減はもちろんのこと、資産として抱えていた不動産を売却したり、事業縮小をしたりといった具合です。  また、スリム化のな...
経営

今なぜ叱りにくいのか

 角界は大相撲の元横綱日馬富士が幕内貴ノ岩に暴行したとされる問題で揺れていますが、以前、この角界で叱れない親方の存在がクローズアップされていたことがあります。  もっとも角界に限らず上が下を叱らなくなったのは風潮としてあるかも知れません。...
経営

経営者の「説明責任」

 数ある経営資源のなかでも、最も重要なものとして従業員の存在を挙げ、「社員は大切」「人材は宝」といった言葉を口にする経営者は少なくありません。  では実際、経営者の従業員に対する思いは、どれほど従業員に伝わっているのでしょうか。  大学...
経営

もっと女性の力を活用できないか

  日本で進行中の「少子・高齢化」に対する警鐘が鳴らされるようになって久しく、その影響は社会保障費の大幅増といった視点で語られることが多いようです。  それだけでなく、この少子・高齢化はまた別の問題も生じさせます。それは将来における労働力...
経営

「イエスマン」の問題は組織活力喪失の問題

 イエスマンとは上司や先輩など自分にとって影響力のある人や権威のある人に対してご機嫌取りをする人の一種で、目上の人からの頼まれ事や意見に対して「はい」「いいですねえ」といった肯定的な返答しかしない人のことです。  もう随分前の話になります...
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.