労働・社会保険・助成金

労働・社会保険・助成金

「令和4年 改正育児・介護休業法」押さえておきたいポイント

    改正育児・介護休業法が令和4年4月1日から3段階で施行されます。そこで改正育児・介護休業法について押さえておきたいポイントを解説します。  今回の改正は、女性に比べて取得率の低い、男性の育児休暇取得を促進させる施策としても注目され...
労働・社会保険・助成金

M&Aにおける「人事労務デューデリジェンス」

 後継者不在を理由とする中小企業の廃業が増加しています。中小企業は雇用の大きな受け皿であり、中小企業の廃業は雇用の場の喪失を意味します。M&Aによる事業承継は、そうした問題に対する最良の解決策の一つです。  さて、企業は人で支えられていま...
労働・社会保険・助成金

中小企業の同一労働同一賃金が4月からスタートします

 2021年度から、中小企業でもパート労働者・有期労働者への同一労働同一賃金対応が求められるようになります。  同一労働同一賃金とは、正規雇用労働者と非正規雇用労働者(有期雇用労働者、パート労働者、派遣労働者)の間の不合理な待遇差の解消を...
労働・社会保険・助成金

ジョブ型雇用と職務給

 政府が打ち出した「働き方改革」によって、多様性のある働き方が求められています。  それを実現するのが「テレワーク」であり、新型コロナウイルスの影響で、リモートワークやテレワークを進める企業が増えています。  テレワークが増えるにつれ、...
労働・社会保険・助成金

パワハラ防止と対応

 2020年6月1日から「改正労働施策総合推進法(パワハラ防止法)」が施行(中小企業は2022年4月1日)され、企業には職場におけるパワハラを防止する措置が義務づけられました。  コロナの影響を受けて、テレワークなど新たな働き方が進められ...
労働・社会保険・助成金

テレワーク導入による働き方改革

 新型コロナウイルスの影響で在宅勤務や時差出勤を急きょ導入する企業が増え、働き方改革の後押しにつながるとの声も聞かれます。  10年ほど前と比べると、テレワークやクラウドサービスなどが普及しており、中小企業の導入率はまだ低いものの、政府も...
労働・社会保険・助成金

同一労働同一賃金

 いよいよ働き方改革の大本命である「同一労働同一賃金」への動きが始まります。 2019年4月から働き方改革関連法の施行が始まりましたが、働き方改革の大本命はこれからやって来ます。  同一労働同一賃金です。  この問題は、大企業では20...
労働・社会保険・助成金

平成28年度「年度更新」のポイント

 労働者災害補償保険(労災保険)と雇用保険を合わせて労働保険といいます。法人であるか否かを問わず該当する労働者を一人でも使用する事業主は、原則として労働保険に加入する義務があります。  労働保険は、適用事業の事業主については、その事業...
労働・社会保険・助成金

教育研修系の助成金とOJT

あらゆる組織が、三つの領域における成果を必要とします。 すなわち直接的成果、価値の強化、人材の育成です。 これらすべてにおいて成果をあげなければ、やがて組織は衰退します。 この3つの領域における貢献をあらゆる仕事に組み込んでおかなけれ...
労働・社会保険・助成金

注目の助成金「職場意識改善助成金」

組織マネジメントを強化する方策としても助成金の活用は有効です。 助成金はいろいろあっても、活用できるものがないという話しをよく聞きますが、次のような会社には必見の助成金があります。 残業時間を削減したい 有給取得率をUPさせたい 「職場意識...
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.